緊急時マニュアル

  • (1)安全確保

    後続の交通の邪魔にならないように車を移動、けが人を安全な場所へ移動させる等、周りを良く見て判断しよう。

  • (2)三角表示板・発煙筒の積載

    緊急事態に備え、停止表示器材(三角表示板等)・発炎筒は必ず積載しましょう。
    発炎筒はおもに助手席の足元にあります。緊急時にそなえ、一度手にとってご確認ください。

  • (3)救急車を呼ぶ 電話番号119

    けが人がいる場合は救急車を呼ぼう。待っている間は止血等の応急処置が必要だ。

  • (4)警察の指示に従う 電話番号110

    警察に連絡し事故の状況を細かく伝える。後の補償のためにも事故証明が必要になるから必ず連絡すること。

  • (5)レンタカー会社へ連絡

    あとはレンタカー会社に連絡してその指示に従うこと。保険会社への連絡や車の移動方法等はすべてレンタカー会社が手配してくれる。

  • (6)高速道路で事故を起こしてしまったら

    高速道路での軽い事故や故障でやむをえず車を止めた運転手や同乗者が後続車にはねられる事故が急増中です!高速道路は普通の道路とは違います。
    万が一の時の対処法を要チェック!!

    停止してしまった車両の運転手さんへのお願い

    ほんの少しの注意や行動が生死を分けることがあります。今一度再確認を!

    [1]絶対に歩き回らない

    事故などでやむを得ず停止した場合は本線・路肩を歩き回らないでください。高速道路は一般道とは違います!
    同じ感覚での行動は絶対にやめ、速やかに車を路肩に移動させ、移動が不可能な場合は以下の項目を最優先してください。

    [2]後続車に合図

    後続車の運転者が停止車両に気づいているとは限りません。
    後続車両に対する安全措置を執ってください。

    • 1.ハザードランプ点灯
    • 2.発炎筒を発火
    • 3.停止表示器材設置

    [3]安全な場所へ避難

    運転者も同乗者も全員、通行車両に十分注意しガードレールの外側など安全な場所に待避してください。車の中に留まることは危険です。

    [4]避難をしてから通報

    110番・非常電話・道路緊急ダイヤル(#9910)などで通報!
    非常電話は本線上1kmおき、トンネル内は200mおきに設置

    ※道路緊急ダイヤルは携帯電話からも発信できます。

    すべてのドライバーの皆様へ

    クルマを運転するときは、以下の点を遵守して安全運転に心がけてください。

    [1]危険予測

    停止車両を発見した時は近くや陰に人がいる場合があります。
    常に人が出てくるかもしれないことを予測し、万一の危険に備えましょう!

    [2]情報キャッチ

    道路の異常は道路交通情報板・ハイウェイラジオ等で情報提供を行います。
    「この先事故」「故障車あり」などの情報をキャッチしたら速度を控えめに、十分注意して走行してください。

    [3]渋滞末尾にご注意!早めの休憩を

    お盆、行楽シーズンなど交通混雑期には渋滞がしばしば発生します。渋滞を発見したら、早めのブレーキとハザードランプで後方への注意喚起も忘れずに!

    出典:NEXCO東日本

施設情報をエリアから探す

施設情報をキーワードから探す